インフルエンザにかかってしまった話と夫婦喧嘩

その他
この記事は約6分で読めます。
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

金曜日

ことの発端の金曜日。昼ぐらいから、すこーしだけ熱があった。ほんの少し。でも、体調は大して悪くはなかった。

なので、近所の神社に積もっていた落ち葉に息子を寝かして「落ち葉のベッドやで〜」とやったけど、息子の感情は無だった。

そして腰がずっと痛かったので、以前通っていた接骨院に行った。引っ越しをしたので少し遠い。

旦那は木曜日から調子が悪かったけど、布団に入らずにゴロゴロしていた。

戻ってきたら息子のお風呂の時間になっていたが、調子が悪いからお風呂のお湯を入れてないと言われた。イラっとした。

落ち葉に頭をつけたので、シャワーだけでもとシャワーで頭と体を洗った。

土曜日の朝

この日は、母から寝具などの訳ありセールが某イベント会場であると聞いており、母と行く約束をしていた。

朝。喉が痛い?咳も若干出る。もしかしてこれは風邪をひいたか?と思い母に電話をしたが出ず。母は比較的一発で電話に出ないことが多い。

なので、息子の朝ごはんを作って食べさせていた。すると、母から「今から出ます」とラインが届いた。電話をかけ直せ!と思ったけど、その頃には出かけられるぐらいの体調になっていた。

セールでの買い物が終わって家に帰って、息子にご飯をあげてからご飯を食べた。

普段、朝寝は必須だけど車の中で寝たので息子の機嫌も悪くなかった。

母が帰って、息子も寝落ちしたので一緒に寝た。

とりあえず、体調がやばくなるような気がして旦那に「ご飯多分作れんけん買うか食べてくるか家であるもん食べて」とライン。

起きた時には、一緒に寝ていた息子を旦那によって引き離された。

妙に寒気がして熱を計ったら38度。

ご飯を食べて寝た。

日曜日

朝ごはんなどを旦那に任せてずっと寝ていた。10時ぐらいに起きて熱を計ったら37.5度。体もだいぶ楽になったので、15時頃出かけた。

1時間ほどで帰ってきたら、すごく寒気がした。また38度熱があったので、旦那に息子を任せて横になった。

夜になると上がる熱と夫婦喧嘩

熱は38.9度。これは結構辛い。息子が寝る時間になって一緒に寝ていたけど、すぐに目が覚めて泣いていた。

オムツ替えてないと言われていたのでオムツを替えたらギャン泣き。

様子を見にきた旦那に「オムツ替えよる」と言うとすぐに去っていった。いや、おれや!病人がオムツ替えよんのに。

オムツを替え終わっても泣き止んでくれない。腰が痛くて抱っこも出来ず、立たなくなって横になっていた。

咳が出て苦しくて大変だったので、旦那に来てもらおうと電話をかけた。ただ咳で喋れないのでコールだけして息子をなだめていた。

何度かけても来てくれない。こんなにギャンギャン泣いているのに。

4回電話をかけたのに、来てくれたのは4分後。しかも、4回中2回は通話になっているのに切られた。

やっと来た時に、「何しよったん?!」と聞くと「ミルクを作りよった」と。泣いているので(フォローアップ)ミルクの時間だと思ってミルクを作っていた。

いや、何で泣いたけんってミルクやって決めつけるん?そもそもミルク作るん中断出来るやろ。

子供がずっと泣き止まない。妻から謎の電話が短時間に数回。おかしいと思って見るにくるやろ…

切れ切れにその事を言うと「だってミルク作りよったのに!!!!!」と怒られた。

そこで、私は号泣。そしたら旦那は息子を連れて別室に。

解熱剤を飲んだのに39.1度からなかなか下がらなかった。

そして寝た。

月曜日、病院へ

母に、病院行くので息子を見てもらうようお願いしていたので、近所の病院に。

問診票を書いて熱を計ったら38度あり、受付の人に「熱があるので車の中で待ちよってください」と言われた。朝はさほどしんどくなかったけど、なんだかなぁと思った。

そして、ゲームをしながら待っていると先生がやってきて検査をすることに。細い綿棒みたいなんを鼻に入れられた。これはインフルエンザの検査!過去にやったことある!

と思いながらまた検査結果を待つことに。

しばらくすると、先生と看護師さんがやって来て「インフルエンザです」と言われた。看護師さんに検査結果の説明を受け、処方箋を持ってくるので待ってと言われる。

会計は2,200円だった。高い。検査高い。最近は息子の病院しか行ってなくて、ほぼ0円なので医療費無料ってすごいなぁと思った。

近くの調剤薬局に行き、全薬剤師さんに囲まれて薬の説明を受ける。

そして、イナビル吸入粉末剤という、目薬みたいな容器に入った薬をその場で吸入した。これは1回きりらしい。

そして症状を聞かれて、咳止めと解熱剤とその場で飲ませてもらった。

全薬剤師さんに見送られて帰宅。

ちなみに薬は全部で2,200円弱。財布に入れていたなけなしの五千円が消えた。

寝る

もう昼時だったので、息子にご飯をあげてしばらくしたら愚図った。朝寝せず遊んでいたらしい。

なので、一緒に寝ることにして、母には帰って貰った。

旦那帰宅

「昨日のこと謝って」と言ったら、「え?なんで謝らないかんの?」と言われた。

あんなにギャン泣きしていた息子を放っていたのに、病気の妻からの電話をシカトしたのに。

「あんだけ子供が泣きよって、私があんだけ電話したのにおかしいと思わんかったん?」と聞くと「そもそも何の電話か分からんし」と。

旦那は「分からん」とすぐ言う。息子のご飯(白米にかけるレトルト)をあげるときも、「白米の量が分からんかったけん、いつもの感じであげた」と言って、多過ぎたのか残していた。

いつも私は白米は80〜100gの間で調整して測ってあげている。残したら調子が悪いのかが把握しやすいから。

「分からんのだったら調べてな」とやんわり注意したことが最近あった。

脱線したけど、何の電話か分からんのだったら聞きに来たらええやん!と言ったら「だってミルクあとお湯入れるだけやったけん、はよ作って持って行った方がええかと思ったんやんか」と言われた。

もうそんなん、様子を見に来てどうしたか聞いて、私が抱っこ出来ないので抱いて泣き止ませてからミルクでも遅くはないやろ。

押し問答が続いたら旦那が渋々謝った。でも、その後まだ色々言っていたので、絶対悪いと思っていない。

まぁ、今になって私も「謝って」は違うかなと思った。

息子の連行

旦那の実家に連れて行こうかと言う話をしていたけど、それほどしんどくないし、熱もさほどないので大丈夫と言った。正直、旦那の家にはあまり連れて行きたくない。

あまり言いたくはないけど、このご時世に俗に言う『ボットン便所』。以前甥っ子がトイレにスマホを落として大騒動になっていて、吐きそうになった。

さらに、ブログにも書いたけど、旦那の目を盗んで義母がプリンをあげていた。

そういうところも信用できない。

「息子にうつったら可愛そうやろ?!」と言われ、それは百も承知やけど嫌だと言って押し問答になったので、じゃあ連れてったらええやんと言って義実家に行くことになった。

息子が去って行ったら悲しくて涙が出た。

おしまいに

ヒートアップしすぎて、私もだいぶ言いすぎたところもある。

旦那も「離れるようになるかもな」と言っていて、それを何回も聞いたので、もう離婚になってもやむなし……かなぁと思うようになった。

ちょっと本気でシングルマザーの制度などを調べてみようかなぁと思った。

おしまい。