トイレの尿石汚れが簡単に落ちた掃除方法

その他
この記事は約3分で読めます。
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

※汚い話注意

汚すぎるトイレ

ズボラゆえにトイレ掃除もあまりしない。
気付いたら、便器の水が溜まるところにこすっても取れない汚れが。
これは尿石というらしい。
オシッコと水道水が化学反応かなんか起こして固まって層になってしまうらしい。

たまにする掃除にて、トイレ洗浄中という、錠剤を入れて数時間放置する掃除アイテムを使っても何一つ効果が出ず、掃除しても無駄や…と掃除する度にネガティブな感情を増やしてきた。

意を決してトライ

そして、お盆休み中。
雨でどこも行けず、何もせず過ごしていたけど、何か1つでも掃除がしたい。
そう思い、以前ネットで調べてみた方法を試そうと重すぎる腰を起こした。

マイナスドライバーでかち割る方法

石油ポンプも呼ばれる、プラスチックでできた赤いポンプをプシュプシュして使うやつで、便器に溜まった水を一度抜く。
そして、マイナスドライバーを汚れに当てて、トンカチなどで小刻みに叩いてかち割る方法。
やってみよう!と石油ポンプを片手にマイナスドライバーを探した。
見当たらない。見当るのはプラスドライバーばかり。
こんな時ばかりプラスかよ…とマイナスな気持ちになり、探すのを諦めた。

薬品系の方法

ネット情報によると、頑固な汚れにはクエン酸と重曹の合わせ技が効くらしい。
やはりまずは便器の水を抜くらしい。
そして、水100㎖にクエン酸を入れる。
ネットの分量はクエン酸は小さじ2杯ほどだったけど、読み違えていて目分量で大さじ2杯ぐらい入れた。
それを汚れにスプレーするらしいが、スプレーごときの量では、あのクソこびりつき尿石は取れないと思い、クエン酸入り水を「頼むぞ!!」という気持ちと共に全部便器のくぼみにブチ込んだ。

それから、重曹を体感大さじ3杯ほど投入。
重曹を入れると、化学反応で泡がシュワシュワ出てきた。
これで、30分ほど待ってこすればいいらしい。

正直、本当にブラシでどんなにこすってもびくともしないカッチカチがそう簡単に取れる訳がないと思っていた。
30分後、予想を裏切られることになる。

しばらく経ってから

30分経って確認しても、全く変化なく見えた。
なんか汚れが浮き上がって剥がれているイメージだったので、期待は薄かった。
掃除用ブラシで擦る。汚れで水が汚くなったので、どれほど汚れが取れているか見えないけど、「少しは取れたかも?」と少しだけ期待した。
そして、水を流す。

…なんということでしょう。
あんなにカチカチな層をまとっていた尿石が取れ、便器の白い部分が顔を出したではありませんか。
こんなに色白だったのね…とは別に思ってないけど、白い部分が現れてテンションが上がった。
だけど、ブラシが大きかったのか、隅にまだ残っている。
これは、いける!
と再度チャレンジすることに。

めんどくさかった2回目

2回目は水を抜くのがめんどくさかったので、水を抜かずに挑戦。
そして、めんどくさかったので全部目分量。
30分経って懸命にブラシで擦り、水を流す。

変わっていない!!

やっぱり水を抜く作業が必要だった。

今思えば、あの便器のくぼみに溜まった水は、使用済み牛乳パック2本弱ぐらいの量だった。
圧倒的に水の量が多かった。

でも、この失敗あってこそ。
「失敗は成功の母。エジソンエジソン!」。
最近読んだ漫画で書いてあった言葉。
私にうってつけ。

おしまいに

今回の掃除は疲れたので、ここでやめた。
次回は水をちゃんと抜いて、なおかつヤスリを使ってみようと思う。

汚すぎてビフォーアフターを見せれないのは残念。
でも、写真を載せたらご覧になった方の気分を害することになるので、やめておこうと思う。(写真撮ってないけど)

おしまい。