赤ちゃんのゲップが出なくて、とてつもなく辛かったけど、耳寄りな情報を得て楽になったこと。

育児

新生児はゲップが出にくい。

特に私の息子は器官が詰まっとんちゃうか?ってぐらいゲップが出にくかった。そして吐き戻しも授乳の度だった。

そんな私と息子を救ってくれた方法をご紹介。

病院で教わったやり方

私が出産した病院では、赤ちゃんを膝の上に乗せ、背中を下から上にさするように言われた。2〜3分ほど出なかったら、上手に飲めたんだと思うので、出ないと言われた。

ただ、この2〜3分間、真夜中の授乳時にはとてもキツイ。2〜3分さすってもゲップが出ないうえに、とても苦しそうにする我が子を見るのが辛い。

ネットで情報を探しまくる日々

  • 下から上に、さするのではなくトントン叩く
  • 縦抱っこしてトントン叩くかさする
  • 赤ちゃんを膝の上に横向きに座らせて、手を自分の腕にかけて前のめりにさせてトントン叩くかさする

ちなみに、トントン叩く力は、自分の喉に食べ物が詰まってトントンするぐらいの強さ。

これが育児系のサイトで書いてあったこと。

たまにゲップは出るけど、出ない時の方が多い。

ツイッターで素晴らしい情報を発見

ゲップが出ずに苦しそうにするけど、長いことすると私がしんどい。ただでさえ寝不足で早く寝たいのに5分10分もやったらヒステリーを起こしそうになった。どうしよう…。

そんな時に出会ったツイートがこちら。

難しそうに書いてあるけど、仰向けに赤ちゃんを寝かせ、左腕を上にした状態でそのまま左方向に転がす。

そして上の方に書いた、膝の上に乗せて前のめりにして叩くと、ビックリ!嘘かと思うぐらい簡単にゲップが出た!!

気持ちが楽に

ゲップが出たらだいぶ楽になるらしく、苦しそうにすることが減った。

吐き戻しは引き続きしょっちゅうしていたけど、

仕方ない、苦しそうじゃないだけマシ!

という心境になって、だいぶ楽になった。

その後

ゲップが出にくいのは首が座るぐらいまでだった。息子の場合は2ヶ月ちょいぐらい。

それまでは辛いけど、首が座ったら、ちょっと背中をトントンしたらゲフーと大きな音でゲップが出来るようになった。

寝返りが出来るようになったら、自分でクルリと回ってゲフーとやってくれるので、ゲップの心配は無用に。吐き戻しは健在だけど。

なので、ゲップが出ずに苦しんでいるママさん!2〜3ヶ月の我慢です。

振り返ってみたら「あぁ、あの時頑張ったなぁ。しんどかったなぁ。でも、成長したなぁ」と思えるので!!!!

おしまい。