子供の検査結果(高熱が出て尿路感染症になった件について)

育児
スポンサーリンク

先日、息子が尿路感染症になり10日間入院をした。

そして退院後に検査をするために、先日病院に行ってきた。

スポンサーリンク

検査内容

まずレントゲンを撮ると言われ、レントゲン室に。他にも2人のお子さんがいた。私の息子が最年少だったせいか順番は最後だった。

なんかめちゃくちゃ泣き喚いている。

入院生活で四六時中ずっと一緒にいたせいか、後追いがひどい。そのせいもあってのギャン泣きかと思っていた。

次に小児外科の先生からの説明を受ける

膀胱尿管逆流症

外科の先生に、検査の結果を説明される。

どうやら息子は生まれつき尿管が太いらしく、尿が逆流してしまうことがあるらしい。それが膀胱尿管逆流症というらしい。

尿にいるばい菌が膀胱にいったり血液にいったりで高熱が出るのが上記の尿路感染症という病気。

先程のレントゲンでは、尿管に薬を入れて、逆流しているかをやっていたらしい。なので、多分痛くてギャン泣きしていた。痛かっただろうにと悲しくなった。

1〜5のランク分けをすると、息子の場合4らしい。思っていたより酷くて愕然とした。

先生によると、尿路感染症になると腎臓がダメージを負うらしいので、薬で尿路感染症になるのを抑えるのが先決らしい。

なので、2ヶ月分の薬を毎日ので、2ヶ月後に経過を診て、更に2ヶ月後に薬で様子を見るか手術をするかの選択らしい。

手術について

ちなみに手術も2種類あり、1つは開腹手術お腹と腎臓を切るらしく、回復が遅く入院が長くなるけど再発はしない

もう1つは尿管から小さいカメラを入れ、カメラを見ながら手術する。尿管のガバガバを抑える為に、コラーゲンよりいいやつ(と言っていた)を尿管に注入してコブみたいにするらしい。そしたら逆流しづらいらしい。体に傷は付かず入院も短くて済むが、再発しやすいらしく、なおかつ検査をする回数が増える。今回のレントゲンの時のように痛い思いを何度もさせなければいけないらしい。

再発のリスク

ちなみに今回の検査で、器具を体内に入れたので、清潔にしているとはいえ器具に菌が付いている可能性もゼロではない。なので、菌が入って尿が逆流したら尿路感染症になるかもしれない。今回の検査の3〜4日の間に熱が出て風邪の症状がなければ尿路感染症だから早めに病院に来るように言われた。

小児科の先生に診察

次に薬の兼ね合いで小児科の先生に診察してもらう。

退院の時に出してもらった薬とは違った薬にすることになった。理由はなんか色々言われたけど忘れた。苦いけど薬の量が少なくなるらしいので良かった。

そして、また再発のことを言われた。念のため「器具を入れたせいで再発することがあると言われたけど」と質問すると、器具の件とは別に1〜2ヶ月後ぐらい再発することがあると言われた。

うーん、再発多い。。。

小児科の先生にも、高熱が出たら日中ならすぐに病院に来るように言われた。

おしまいに

結局、小児科も2ヶ月後にもう一度行くことになった。

診察中は息子は泣き疲れたからかグッスリ寝ていた。

次回も同じ検査をすると言ってなかったけど、多分する気がする。

先生によると生まれつき、もしくは生まれる前からあった症状らしい。

ちゃんとした尿管に出来なくてごめん。しんどい思いさせてごめん。辛い思いはさせるけど、サポートだけは頑張ろうと思った。