帝王切開での出産当日

妊娠・出産
この記事は約7分で読めます。
広告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

帝王切開で出産することになった、当日の起こったことや思ったことなどをダラダラ書いてます。

広告

手術までの出来事

起きてから

朝6:30。いつもなら絶対に二度寝するけど、しぶしぶ起床。

7時過ぎに点滴をすると言われていたので、シャワーを浴びる。

シャワー後は、病院指定のパジャマ(浴衣)と持参した産じょくパンツを着用。

ひざ下までの着圧ストッキングを前日に渡されており、履いておいてと言われていたのでそれを履く。めちゃくちゃキツキツなので、履くときにお腹がつっかえて履けない…しんどい!

7時過ぎ、検温と血圧と赤ちゃんの心音を聞きに来る。が、お腹の中で動き回って隠れてしまい心音測れず。今日出産ってこと気づいとる?お腹の中におりたいんかなぁ?

お腹が空く

そして、めっちゃお腹すいた。

前日も結局夕飯後にチョコパン食べたけど、絶飲食と言われた22時にはお腹すいていた。

喉の渇きはさほどない感じ。朝一のシャワーでウガイしたのと歯磨きとで紛れたっぽい?

30分後ぐらいに再び心音を聞きに来て貰ったら、今回は観念したのか、今回のトライで成功。問題なし。

最後の診察

そのあと、診察室に行って先生にエコーを診てもらい逆子を確認。最後のエコー写真を貰ったけど、顔が隠れてやっぱりわからん。

その後部屋に戻ったら旦那が到着。そして点滴。

点滴をしていると先生がやってきて手術の説明をされ、渡された同意書に署名をする。

自分と家族分の署名と捺印が必要なので、もし帝王切開する人は家族のハンコも準備してください!もしかしたらサインでもいいかもしれないけど。

入院前に母に貰った安産祈願の石を実家に忘れたので、旦那に取りに行って貰う。来てもらったばっかりやのに申し訳ない。

その後、看護師さんが話し聞きに来たり、ストッキングを履き直して貰ったりともろもろ。

結局10時ぐらいからオペで、9:50分にはトイレに行かんといかんらしい。

そしてオペとか出産後の私や赤ちゃんの経過や授乳などを看護学生が見学に来るのがオッケーか聞かれる。今後の医学の為に快諾。

手術前にしては恐怖心もなく、心穏やか。

いよいよ手術室へ

歩いて向かう

看護士さんが迎えに来てくれ手術室へ。点滴のやつをガラガラと持って、旦那に持ってきて貰った安産の石を握りしめて歩く。

なんか小さいベッドみたいなんに乗せられて行くもんやの思っていたら徒歩。

スリッパ代わりに履いているクロックスもどきが浮腫んできつい。

両親学級で案内された部屋は病室と同じ階だったけど、向かう手術室は違う階だったのでエレベーターに乗る。

手術室前で何やら待たされていると、ベッドに乗せられた女性が。私の前に手術する人が顔色悪く横たわっていた。ここでちょっと怖くなってきた。

入って良いことになり旦那と別れる。安産の石は持って入らないので旦那に託して手術室に入る。

手術準備

ベッドに横たわるまで

広~い手術室で、先生や助産師さん含め10人弱いた気がする。

前日に帝王切開の説明を受けたそ通りの内容。

まず、パジャマを脱ぐように言われ、体をバスタオルで隠してくれ仰向けでベッドに横になる。(下着をいつ脱いだか記憶にないけど、多分横になったときに脱がして貰った気がする)

その後、ベッドの端に寄ってから横向きなるように言われ、背中を丸めるように言われる。海老のように…!

この大きいお腹で背中を丸めるのは結構しんどい。

背中をかなり念入りに消毒される。

麻酔を打つ

看護師さんか助産師さんかに横腹を押された後、先生が麻酔を打つ位置を抑える

この時、力に負けて姿勢を崩さない!注射をされても動かない!と前日に注意されていたので石になった気持ちで固まる。

注射に弱い私は「痛いーーーーー」と声に出ていたけど石の気持ちは変わらず、動いてなかったようで「そうそう、うまいよー」と言われてホッとした。

仰向けになって顔の前をタオルで遮断される

そのあと、下半身をつねられて「これ痛い?」と聞かれて答え、麻酔が効くのを待つ。

そして、おしっこの管を入れてもらう。

ネットでは、麻酔の前に入れられて気持ち悪かったと書いてあったけど、私の場合ちゃんと麻酔が効いていたので入った感じも違和感もない。

手術開始

手術中

いよいよ切っていく。切腹の時来たり。

感覚は全然なく、ちょっと押されている感じぐらいは分かる。先生や助産師さんの談笑に笑っていられる感じ。

そうしていると

「足が見えたよー」とか「背中見えたよ」「頭見えたよ」と言われたところで赤ちゃんの泣き声が聞こえる。

感無量とはこのことか。自然と涙が。

ご対面。

遮断されたタオルからひょっこり見せられる。

可愛い!!!!

みんなは大きいなぁー!と言っていたけど、産まれたての赤ちゃんを見る機会がなかったのでよく分からん。

そして、綺麗に拭かれた後に、私の枕元に持ってきて貰いました。

「握手~」と言われたので、指を出すと握り返してくれる。

うおーーーーー!可愛すぎやろが!

ここで初の記念撮影。

病院のカメラで撮ってもらって、現像してフレームにまで入れてくれるそう。

楽しみ!

その後、私はお腹の手術をするし赤ちゃんは保育器に入れたので別行動。

術後

ちょっとしんどい

泣き声が聞こえる度チラ見していて手術のことはあんまり覚えてない。でも痛くもかゆくもない。ただ、足の指を曲げたくなったけど動かないのがもどかしかった。

しきりに体調がどうかと聞かれる。なんか呼吸がしづらい気がして伝えたら呼吸器をつけられた。人生初。

赤ちゃんの準備が整ったようなので先に赤ちゃんは新生児室に行って、他の家族にお披露目される。ここで、一旦お別れ。

赤ちゃんの体重

そして、赤ちゃんの体重が内線で発表される。

約3600gで、どよめきの声が上がる。

エコーの予想体重は2700gだったので約1000gの誤差。エコーでは逆子は低く見られがちらしい。

先生いわく、「やっぱ男の子やから筋肉があるし密度が高いから重たいんやろなぁ」と。

移動式ベッドに移される

ふーんと思いつつ処置が終わり移動式ベッドに移される。持ち上げるよーと言われ気軽に返事をしたけど、持ち上げられたらビックリした。

あっという間だと思っていたけど、私の手術が割と時間がかかったようで、トータルではなんやかんやで1時間以上はかかったみたい。

手術室を後に

赤ちゃんの元へ運ばれる。

運ばれた先には旦那と義父母がいて、みんな笑顔で迎えてくれる。

私の家族は冷たいもので、みんな用事があり来れず。母だけは遅れて到着するらしい。

お義母さんが、私がいない間の赤ちゃんの様子を教えてくれた。「手を口に持って行って、入らんくて機嫌が悪くなっとる」と。

食いしん坊かな?

そして部屋に運ばれる。移動式のベッドから降ろされるんだろうと思っていたら、部屋のベッドだったので、なんかビックリしたけどそれは置いとく。

寒気としびれ

部屋で血圧と体温を計られる。

手術中も何回も血圧を計られて思っていたけど、(手術中の)私の血圧低すぎ!?

上が60とかだったらしく、息がしづらくてぼんやりして、私このままどうなるんやろ?とうっすらだけ『死』という文字が頭をよぎる。

体温は普段より7分ぐらい低い。

手術終わりに電気毛布をされたこに気付かないぐらい寒かった。

部屋に戻ってから、鳥肌が立っているのを指摘され、電気毛布の温度を上げて貰う。看護士さんが立ち去ったあと、まだ寒いわと自覚。

ネットで「帝王切開後は寒い」と書いてあったのを見たけど、このことか。

どこぞのブログで、湯たんぽを持って行った方が良いと見たので持ってきていた。

この頃には旦那と私の母は部屋に来ていたので(義父母は帰ったらしい)、旦那にお願いして湯たんぽにお湯を入れてもらう。

持ってきて大正解!!
温もり方が段違い。

寒い時期の帝王切開での出産の人はかさばるかもしれないけど、あった方がいいと思う!

この時は麻酔が効いていて足が痺れ放題。

なんか機械の音がするなぁと思っていたら、足をマッサージするポンプみたいなやつを装着されていて、それさえ分からないぐらい痺れ。

まだ麻酔が効きまくってきて、本当に手術したのか?と思うぐらい痛みもなかった

「『普通分娩と比べたら楽』というのをネットで見たけどホンマやわ〜」と思っていた。

この時までは…。

とりあえずおしまい。